Embiidシリーズ

【国内9/19発売】UA Embiid 1 “Origin”

Embiid One “Origin”

アンダーアーマーより、才能豊かなビッグマン ジョエル・エンビードのシグネチャーモデルが登場。

ビッグマンながらも多彩なフットワークが魅力のエンビードを支えるために、クッションはフォアフットにMicro-Gを搭載。

ヒールにはHovrを搭載し、反発性とクッション性を兼ね備えたツーリングとなっている。

サイドを巻き上げるようにTPUパーツが搭載されているため、シューズの横ブレも防ぎ、プレーに安定感をもたらせてくれるはずだ。

エンビードがインタビューで語っていたところによると、ビッグマン仕様のシューズではなく、全てのバスケットボールプレイヤーに向けて作り上げているようだ。

カリーと並ぶ、アンダーアーマーの2大モデルとなれるのか。エンビード 1を履いての大活躍を期待したいところだ。

日本国内では、9月19日に発売が開始されている。

アンダーアーマー エンビード 1
発売日:2020年9月19日(土)
価格 :13,750円(税込)
品番 :3023086-001
カラー:Black / Steel / Black 

エンビード 1と思われるモデルがリーク

【8/18更新】
エンビードがNBAの試合内で着用しました。

【8/7更新】
アンダーアーマーより正式に発表されました。2020年秋に発売予定です。

★1.16UPDATE

213cmと恵まれたサイズと強靭なフィジカルを持ちながら、3Pシュートを決めたり、ユーロステップにて相手を翻弄するなど多彩なスキルを持つジョエル・エンビード。

怪我に苦しんだ時期もあったが、今ではリーグトップクラスのセンターとして活躍し、NBAオールスターの常連プレイヤーになっている。

そんなエンビードに、ついにシグネチャーモデルが登場するようだ。

2018年に5年のシューズ契約を結んだアンダーアーマーから発売される。現役のNBA選手でも、シグネチャーモデルを持つプレイヤーは16人。17人目となるが、ビッグマンでは、シグネチャーモデルを持つプレイヤーはいない。しかし、エンビードは

「ビッグマンのためのシューズではなく、全てのバスケットボールプレイヤーのためのシューズ」

と語っており、ビッグマンからガードプレイヤーまで、幅広いポジションのプレイヤーが使用できるモデルとなりそうだ。

NBAもポジションレス化が顕著に進んでおり、ビッグマンでもガードと同じようなローカットモデルを履いてプレイすることも多い現代では、間違っていない方向性だと思う。

シューズ1足の売上につき、5%がエンビードにロイヤリティとして支払われる契約とも報じられているので、今後の活躍を続けて多くのシューズを売りたいだろう。

リークされた情報によると、クッションはHovr(ホバー) + Forefoot Micro-G(マイクロG)とのこと。

(Pics:@ayanamy001)
(souce:https://nba.rakuten.co.jp/news/3036)