サイズレビュー

【サイズレビュー】Air Jordan 35 PF

ジョーダンシリーズ最新作 エア ジョーダン 35 PFのサイズ感をレビューした記事のトップ画像

Air Jordan 35のサイズ感をレビュー

Air Jordan のナンバリングシリーズ最新作、Air Jordan 35が登場しました。

神と呼ばれた伝説のプレイヤー、マイケル・ジョーダンのシグネチャーモデルとして始まり、ジョーダンの引退後も続く Air Jordan シリーズ。

今では、ルカ・ドンチッチ、ザイオン・ウィリアムソン、ジェイソン・テイタムといった若手のスーパースターとも契約し、豪華なブランドファミリーを築いています。

やはり、毎年発売されるAir Jordanシリーズは多くの注目を集め、人気の高いモデルの一つです。

Air Jordan 35を購入しましたので、サイズ感についてレビューしてみたいと思います。

ついでに、スペックや特徴などについても簡単にまとめました。

購入をご検討の方の参考になればと思います。

Air Jordan 35のデザイン

デザインは Air Jordan 5から

Pics:jordan.com

Jordan 35は、Jordan 5の誕生30周年を記念して、Jordan 5からインスパイアされたデザインが特徴。

Jordan 31はJordan 1から、32は2から、とこの傾向が続いていますが、Jordan 36はJordan 6モチーフになるんですかね…。

ヒール部分のナンバリングや、タンのデザイン、サイド部分のクリアパーツをサンプリングしたフライワイヤーなど、言われると確かにJordan 5だよねって部分がたくさんあります。

ジョーダンシリーズ最新作 エア ジョーダン 35 PFのサイズ感をレビューした記事内シューズのタンの画像

デザインはTate Kuerbis氏

Pics:@NickDePaula

デザインは、Jordan 34に続いてTate Kuerbis氏が担当。

ナイキに25年勤め、ジョーダンブランドのデザインチームには2013年2月よりジョインしたようです。

Jordan 31より5作連続でTate Kuerbis氏がデザインを担当していることになります。

スポンサーリンク

Air Jordan 35をボックスから開封

ボックスデザイン

エア ジョーダン 35のシューズボックスのデザイン

箱からお分かりでしょうが、フラグメントモデルです。

もちろんSNKRSなどでは買えなかったので、プレ値で買いました。プレ値も数千円のプラスで済んだので、まぁいいでしょう…。(何が?

エア ジョーダン 35のシューズボックスの横からのデザイン

フラグメント仕様の箱は、ロイヤルブルーとブラックの組み合わせでカッコいいですね。

エア ジョーダン 35のシューズボックスの観音開き

箱は観音開きになっています。この仕様は、通常モデルも同じです。

Jordanのナンバリングモデルと言えば、ナイキバスケットボールシューズの頂点に立つフラッグシップモデルでもあると思うので、ボックスもこれくらい凝ってくれると嬉しいですね。

Fragment Designとのコラボモデル

エア ジョーダン 35のフラグメント デザインとのコラボレーションモデル

日本が誇るKing of コラボレーション 藤原ヒロシ氏が主宰のフラグメントデザインとのコラボモデルになります。

梱包紙もFragment仕様

エア ジョーダン 35のフラグメント デザインとのコラボレーションモデルの梱包紙

中の梱包紙も、Fragment Designのロゴとジョーダンのロゴが入った特別仕様になっています。

せっかくのコラボモデルなので、こういうところも手を抜かないところが大事ですよね。

エア ジョーダン 35のフラグメント デザインとのコラボレーションモデルのヒールタブ保護剤

ヒールのタブには、謎の保護材が…。これは必要か?

エア ジョーダン 35のフラグメント デザインとのコラボレーションモデルのヒールタブ保護剤を外す画像

そーっと引き抜いて…(意外と外しづらい)

エア ジョーダン 35のフラグメント デザインとのコラボレーションモデルのヒールタブのデザイン

ヒールのタブがお披露目。右足は、Fragmentのロゴになっています。

Warrior 八村塁PE

エア ジョーダン 35の八村塁のPEモデル

比較としてもう1足用意したのは、八村塁選手のPEカラーAir Jordan 35 Warriorです。

Jordan 34のPEカラーのように即数が少ないのかなと思いきや、結構多くの販売店で販売されましたね。よかったです。

カラーリングは、ブラック×レッドの鉄板Bredカラー。

イメージとしては、シカゴ・ブルズというよりも、日本代表のサムライジャパンカラーをイメージされているんでしょうか。

エア ジョーダン 35の八村塁のPEモデルのタンのデザイン

お母さんがデザインされたという、シグネチャーロゴがタンに入ったスペシャルモデル。

エア ジョーダン 35の八村塁のPEモデルのヒールタブデザイン

ヒールタブはNIKE AIR仕様です。こちらは、ヘリテージな印象に。

エア ジョーダン 35の八村塁のPEモデルの横からのデザイン

Fragmentカラーとは、また違った印象になりますね。こちらのカラーは購入するか迷ったのですが、日本人NBAプレイヤーのPEモデルなので、買わない訳にもいかないかと…。

そんなことを言って、Jordan 34の八村PEも買ってしまっているのですが…。

何かと理由をつけて買ってしまうのは、もはや病気ですね…。

Jordan 35のスペック

エア ジョーダン 35のフラグメントデザインとのコラボレーションモデル 正面からの画像

Jordan 34を正統進化

Jordan 34に搭載されたEclipse Plateの性能を向上させたEclipse Plate 2.0を搭載。

基本コンセプトは、Jordan 34から引き継いているようなので、正統進化ですね。

Jordan 34は、ジョーダンシリーズの中でも最軽量となり、シンプルに履きやすいシューズを目指したモデルでした。

Jordan 33では、新しいギミックFastFitが搭載され話題にはなりましたが、バスケットボールシューズとしては非常に重いモデルになってしまいました。

結局、ジョーダンブランドの契約プレイヤーたちが全然履かない事態に…。

そうした事もあって、34以降は余計なギミックを搭載せずに、シンプルかつ軽量で履きやすいモデルに仕上がっています。

Eclipse Plate 2.0

エア ジョーダン 35 エクリプスプレート2.0

Air Jordan 34に採用されたオリジナルのEclipse Plateを元に、Zoom AIrユニットのエネルギーリターンの効率を最大限高める改良を施したものがEclipse Plate 2.0です。

Eclipse Plate 2.0 システムはミッドソールと連動し、Jordan 34より少し高い部分までカバー。

シューズの横方向への動きを強化し、サポート性を高めています。

また、デザイン面でも大きな特徴を持っており、ブランドイノベーションを表現する大切なパーツの一つになっているようですね。

還元主義的デザインの哲学に基づいたこのシューズは、ジョーダン ブランドがコートの上で見せる存在感の核となる機能と美しいイノベーションの1つの表現例となっています。

nike.jp

ヒール Zoom Airが改良

エア ジョーダン 35に搭載されているヒールズームエアの画像

続いて、Jordan 34から改良された点は、ヒールのZoom Airです。

Jordan 34では、ヘキサゴンタイプのZoom AIrを搭載しておりましたが、Jordan 35では、より容量の大きくなったZoom Airバッグが採用されています。

エア ジョーダン35のクッション構成を説明するコンセプト画像
Pics:nike.com
エア ジョーダン 34のクッション
:Pics weartesters

↑ちなみにAJ34のZoom Air

エアバッグが大きくなることで、より反発性を感じることが出来るかと思います。

ヘリンボーンパターンのアウトソール

エア ジョーダン 35のアウトソール(ヘリンボーンパターン)
Pics:nike.com

結局、ヘリンボーンパターンが採用されるのは、パフォーマンスが良いからだと思うんですよね。

様々な方向へのグリップを発揮してくれる、安定のパターンだと思います。

FLIGHT WIRE

エア ジョーダン 35に採用されているフライトワイヤー

Jordan 35のアッパーにはフライワイヤーをジョーダンブランド独自の方法で表現したスマートで軽く足をしっかりとシューズに一体化させるFLIGHT WIRE (フライトワイヤー)を採用。

FLIGHT WIREの下にクリムケージ素材を使用することで、サポート性をより一層高めています。

スポンサーリンク

Jordan 35 ヒールのデザイン

エア ジョーダン 35のヒールデザインを紹介する画像

足首周辺も適度なカットの高さだと思います。

ケンバ・ウォーカーのようなガードプレイヤーから、ザイオンのようなインサイドプレイヤーまで、多くのプレイヤーにフィットするカットの高さです。

Air Jordan 35の重さ

エア ジョーダン 35の26.5cmの重さ

Air Jordan 35 Fragment Designとのコラボモデルの26.5cmで398gです。

エア ジョーダン 35の26cmの重さ

ちなみに、Air Jordan 35 Warrior PE(26cm)は、397gと1gの違いのみ。ほとんど違いはありませんでした。

どちらにせよ、400gを切っているので軽量であることは間違いありません。

Air Jordan 35を試着

エア ジョーダン 35を試着する前の画像

では、Jordan 35を試着していきたいと思います。

試着にあたっては、ナイキのエリートソックスを着用しております。

Jordan 35の26.5cmを試着

エア ジョーダン 35の26.5cmを試着する画像

まずは、26.5cmを試着。

26.5cmがマイサイズなので、基本的には極端に大きかったり小さかったりしない限り、26.5cmで問題ないです。

エア ジョーダン 35の26.5cmを試着しフィット感を確認する画像

やはり、大きな問題ないですね。

少しだけ、つま先の余りが気になるかな程度。

Jordan 35の26cmを試着

エア ジョーダン 35の26cmを試着しフィット感を確認する画像

続いて、ハーフサイズ下げた26cmを試着します。

エア ジョーダン 35の26cmを試着しフィット感を確認する画像

EPサイズでは基本的に26cmを履くことが多いのですが、Kyrie 6やPG4など、最近はEPでも少し幅が狭めだなと感じることも多いです…。

エア ジョーダン 35の26.cmを試着しフィット感を確認する画像

Jordan 35はPFなのですが、そんなに広くない印象。やはり26cmだと、指を指しているあたりの小指の圧迫感が気になります。

ですので、Jordan 35は26.5cmをチョイスしようかなと思います。

Jordan 35 着用イメージ

エア ジョーダン 35 フラグメントデザインとのコラボレーションの着用画像
エア ジョーダン 35 フラグメントデザインとのコラボレーションの着用画像後ろからのアングル
エア ジョーダン 35八村塁PEモデルの着用画像

非常にカッコいいですね。デザインについては、Shaqnosisにソックリ見たいな否定的な意見もあり、賛否両論みたいですが、個人的には大好きです。

まとめ

エア ジョーダン 35 フラグメントデザインとのコラボレーションモデルと八村塁PEモデルを並べた画像

Air Jordan 5の要素を多数取り入れながらも、現代のデザインやスペックに再構成させたAir Jordan 35。

Jordan 34は、多くのジョーダンブランドアスリート達も着用し、バスケットボールシューズとしての評価も高かったのではないかと思います。

そんなJordan 34をベースに改良を加えたモデルなので、シューズの履き心地は期待出来そうです。

日本人ながらジョーダンブランドと契約する八村選手のPEモデルや、ザイオン・ウィリアムソンのPEカラーは既に発売が予定されています。

来年には、ルカ・ドンチッチのPEカラーも予定されているといった噂もあり、ジェイソン・テイタムのPEカラーとあわせて期待したいところ。

他のバッシュとのサイズ比較一覧

ここ最近購入したバッシュなどは、このようなサイズをチョイスしています。

ナイキのグローバルモデルと同じサイズをチョイスしました。

国内販売されているJordan 35