サイズレビュー

【サイズレビュー】Nike KD 15

KD 15のサイズ感をレビュー

ケビン・デュラントの最新シグネチャーモデル「KD 15」がリリースされました。

デュラントが練習で着用しているシーンが最初にリークされましたが、ついにNBAの本戦でも着用。

Pics:usatoday.com

6月には日本国内でもリリースされましたので、購入してみました。

サイズ感などを簡単にレビューしてみたいと思います。

KD 15をボックスから開封

ボックスデザイン

ペイズリー柄をあしらったボックス

KD 14 は手抜き シンプルなボックスだったので、良いですねー。

箱を開けると、「EA$Y」の文字が。

シューズ本体にも「EA$Y」がデザインされていますが、KD 15ではデュラントを表現するシンボルがいくつが散りばめられています。

黒タグ

ベトナム生産のモデルです。

コロナのパンデミックの際にニュースになっていましたが、ナイキのスニーカーのほぼ半分がベトナムで作られているそうです。

KD 15 EP “Psychic Purple”

日本で一番最初にローンチされたカラーは、“Psychic Purple” でした。

海外では、ホワイトやイエローのカラーがリリースされているみたいですね。

KD 15 を作り上げていくにあたって、まず初めにデュラントはローカットのモデルを要望したそうです。

“I wanted to go back to that style I had with the 6, the 4, and the 3. I wanted to feel like I was lower to the ground. The last few shoes were high tops, and I wanted to just change it up.”

boardroom.tv

KD 12以降、カットが高めのモデルが続きましたが、昔のKD3やKD4のようなローカットに戻してみたくなったみたいですね。

デザインはNIKE JET FLIGHTをモチーフ

Pics:@NickDePaula

今回のKD 15がインスパイアされているモデルは、ネッツのHCであるスティーブ・ナッシュが愛用した、JET FLIGHT。

2001年発売のJET FLIGHTは、ナッシュやルーク・リドナーといったPGが着用していました。

カットが低くトレーニングシューズのような見た目ですが、しっかりとバスケットボールシューズとして機能しているJET FLIGHTはデュラントの印象に残っているようで、それをKD 15にもフィードバックしてみたくなったそうです。

スポンサーリンク

KD 15のスペック

クッション

クッションはKD 14と同じくCushlon +フルレングスのズームストロベルシステムを採用。

ヒール

ヒールは、3D成形を採用しフィット感を高めるテクノロジーを採用しています。

ヒールにも、「EA$Y」ロゴを採用。またデュラントのネッツでの背番号「07」と「Quality inspired by Kevin Durant」のタグラインがデザインされています。

補強パーツ

KD 14に採用されていたストライプは無くなりましたが、代わりにヒールから伸びる補強パーツが採用されています。

甲の部分を全体的にサポートすることで、より高いフィッティングをもたらせてくれると思います。

KD 15 のアウトソール

KOBE 9を彷彿とさせるアウトソールパターンですね。デジタル技術で生成されたトラクションパターンで、多方向のグリップ力を提供するように開発されているそうです。

こちらのモデルは、EPモデルでXDRソールとなります。

KD 15の重さ

KD 15は26.5cmで394gでした。

KD 14が同サイズで390gでしたので、ほぼ変わらないですね。

KD 15を試着

早速ですが、KD15 を試着していきたいと思います。

KD14 と同じサイズの26.5cmを用意しました。試着には、ナイキのエリートソックスを着用しています。

KD14と似たようなサイズ感だと思いますが、側面のプラパーツの影響からか若干小指付近の圧迫感が気になる、、。

紐をきちっと縛り上げてみましたが、まぁこれくらいの圧迫感であれば許容範囲内で、1回履けば馴染んでくるだろうと判断。

これまでのKDと同様26.5cmにしようかなと思います。

スポンサーリンク

KD 15のサイズ感をレビューまとめ

2000年代の名作バッシュ「JET FLIGHT」をモチーフに、ローカットとなったKD 15ですが、KD 14と同じクッションを搭載しているので、クッショニングは悪くなさそうですね。

カットが低くなったことによる変化点が、良い方に転ぶのか悪い方に転ぶのか、、。この辺りは着用して確かめてみたいなと思います。

また、価格については、円安の影響でバッシュもどんどん高くなるのかなと思いきや、KD 15 は価格が前作に比べ若干安くなったのは良いですね。

KD 15も、多くのカラーリングが展開されるそうなので、今後発売されるカラーリングも楽しみですね。

他のバッシュとのサイズ比較一覧

前作KD 14 と同じサイズを選択しました。

ほかのバッシュは上記のサイズを選んでいます。

国内販売されているKD 15

【国内6/10発売】Nike KD 15 EP

ナイキ KD 15 EP
発売日:2022年6月10日(金)
価格 :17,600円(税込)
品番 :DM1054-500
カラー:Psychic Purple/Dark Marina Blue