サイズレビュー

【サイズレビュー】Nike LeBron 17

LEBRONシリーズ最新作をサイズレビュー

レブロン・ジェームスの最新シグネチャーモデルである LEBRON 17のサイズ感をレビューしたいと思います。

発売されてからかなり時間が経過し、LEBRON 18の噂も出てきている状況で非常に遅くなってしまいましたが…。

新型コロナウイルスの影響で、ほどんどバスケも出来ていないので遅くなってしまいました。(言い訳

LEBRON 17をボックスから開封

黒いボックスにLEBRON XVIIと金文字が入ります。基本はこの箱になるっぽいですね。

MTAAカラー

購入したのは、More Than An Athlete 通称“MTAA”カラーです。

せっかく購入するなら国内未販売カラーがいいなと思って、こちらのカラーを購入しました。

レブロンとビジネスパートナーのマーベリック・カーターが立ち上げたメディア企業「UNINTERRUPTED」とフックアップした1足となります。

レブロンが2019年のクリスマスゲームで着用したカラーリングです。

タン部分はマジックテープとなっており、白いタンと青いタンを付け替えることができます。

サインペン付き

サインペンが付いているので、レブロンのようにシューズへメッセージを刻むことが可能です。

私はもったいなくて出来ないですが…。

スポンサーリンク

LEBRON 17のスペック

大容量MAXエア

LEBRON 17の大きな特徴は、やはりヒールにある大容量MAXエアでしょう。

ここ最近のレブロンシリーズは、ズームエアを多く使用してきましたがMAXエアへと切り替えられた形となります。

NBAでのキャリア17シーズン目を迎え、年齢も2019年12月30日で35歳となるレブロンの脚を労わるために、よりクッション性能の高いMAXエアを搭載したようです。

そんな理由がありつつも、レブロン本人が履いているPEモデルは、エアが薄く作られているのは気になりますね…。

フォアフッドにはズームエア

前足部には、ズームエアバッグは二つ設置されています。左右で独立するように配置されています。

Pics:fastpass.cn

このような、独立したズームエアポッドが配備されています。

KNITPOSITE

LEBRON 15より、ニットを用いたアッパーが続いています。

LEBRON 15 → BATTLEKNIT
LEBRON 16 → BATTLEKNIT 2.0
LEBRON 17 → KNITPOSITE

と新しいシリーズになるにつれ、改良が加えられています。

KNITPOSITEは、素材を編む過程で熱を加えることにより、耐久性、サポート性を向上。また、伸びを防ぐ効果も期待ができるようです。

アウトソール

フォアに設置されているズームエアポッドがクッキリとわかりますね。

よくあるヘリンボーンパターンではなく、網目のようなグリップパターンです。

LEBRON 17の重さ

大容量のMAXエアを搭載しておりますので、軽さを求めるバッシュではないですよね。

26.5㎝で456gでした。

LEBRON 17を試着

LEBRON 17を試着してみようと思います。

LEBRON 17は、日本ではグローバルモデルでの販売です。

FREAK 1と同様に、EPモデルではありません。

正直、ここ最近のLEBRONは、サイズ感がイマイチ合わなくてフィットしないんですよね…。

LEBRON 16は、26.5㎝だと少し大きくて、26㎝だと小さかったです。26㎝のEPだったら、ピッタリな予感がする…。

少し前置きが長くなってしまいましたが、試着してみます。

試着には、ナイキのエリートソックスを使用しております。

26.5㎝を試着

まずは、右足から試着。

うーん、思ったよりピッタリ!

26.5㎝は、LEBRON 16だと少し大きいサイズなのですが、LEBRON 17だとフィットしてしまった。

左足も履いてみました。

同じニット素材のアッパーだし、サイズ感は前作のLEBRON 16とそれほど違いないかなと思っていたのですが、造りが若干小さめになったのでしょうか?

思ったより、フィットするという結果に。

着画です。

やっぱりレブロンのようなハイカットのモデルは、フォワードのようなガッチリとした選手の方が似合いますね。

Pics:Orland Pinstriped Post

マーケル・フルツやジェフ・ティーグのように、ガードだけどレブロン履く選手もそれはそれで好きですが。

スポンサーリンク

まとめ

サイズ感は、グローバルモデルとして標準的かなと感じました。

同じグローバルモデルであるFREAK 1と同じサイズで私は問題ありませんでした。

ナイキのシグネチャーモデルとして最上級のモデルとなり、定価も22,000円と高額です。

ですが、発売から時間も経過していることもあり、セールでお手頃な価格で販売されることも多くなってきました。

MAXエアを搭載しているので、多少重さを感じることがあるかもしれませんが、ヒールに厚めのクッションを求める方にはピッタリの1足かもしれません。

国内販売中のLEBRON 17